彼らの使命

ある日、大阪にある日本橋を渡っていたところ、レイとロクは急に記憶のかけらを取り戻した。
大阪での使命と名前の由来を思い出したのだ。

「レイ」と「ロク」は、大阪の市内局番の「0」と「6」から来ている。これはレイとロクがこの次元の大阪に元の次元から派遣されたからである。彼らが元々いた次元では、アニメ・漫画・音楽・コスプレ・コミックス・ノベルなどが全て禁止され、その次元の人々は楽しみと生きる力を失っていた。

そこでレイとロクの次元の科学者たちは、違う次元での時間や空間の出来事が他の次元への影響があると知った。レイとロクは、元の次元でも情熱や楽しさを取り戻せるように、この次元の大阪でアニメや漫画などへの関心を高めるために派遣されたのだ。

After crossing over the Nipponbashi bridge in Osaka, Rei and Roku suddenly have a fragment of their memory recovered. They realize their purpose in Osaka and the origin of their names.

Rei and Roku are call signs given to them because they were assigned to Osaka. In their dimension, anime, manga, music, cosplay, comics, and novels are all outlawed and the spirit of the people there have been destroyed.

In their dimension, scientists have discovered that certain key points in both time and space have the ability to effect other dimensions. Rei and Roku are here in Osaka to trigger a change that can ignite the passions of the people in their dimension and bring these interests back to life.